<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
北海道・東北周遊旅行④ 奥入瀬
4日目は奥入瀬観光です。
c0163004_21582667.jpg

この日はJRバスに乗っていきました。目指すは奥入瀬渓谷、目標は石ヶ戸~子ノ口9キロ走破です。
c0163004_22161726.jpg
c0163004_22165100.jpg
c0163004_22155786.jpg
c0163004_22194746.jpg

c0163004_22163659.jpg
雲井の滝
c0163004_22164970.jpg
銚子大滝
走破することに関してはあきらめました。途中にしばらく間滝が無い区間があり、時間的にも思ったより大分かかったので、バスで十和田湖に直行しました。
c0163004_19212121.jpg
秋田名物きりたんぽを青森県内でいただきました。美味しかったのですが、焼きたては熱くて… 時間が無かったのでやけどしそうになりました。さすがに十和田湖は、田沢湖ほど青くは無かった…

次は函館です。
by senxiaoxiang | 2010-10-27 22:17 | 旅行
北海道・東北周遊旅行③ 五能線?
旅は3日目。まずは、せっかく秋田まで来たので、寝台特急を撮影しに行きます。
c0163004_20503928.jpg
あけぼの号は上野行きですが、到着時間が早すぎて、普段は始発でもほとんど取れないので、貴重な機会でした。ところで、駅に戻って帰りの電車を待っていると、一瞬電気が消えました。落雷があったようです。雨が降り始めてから20分足らずでこの嵐に。すごい大雨が降っていることがお分かりいただけるかと思いますが、これが後で大事件を引き起こすことに。
c0163004_2132519.jpg
これほど長いディーゼルははじめて見ました。

この日の目的はずばり一つ。日本屈指の絶景路線のひとつとされる五能線の名物列車「リゾートしらかみ」に乗ることです。しかし、ホテルに帰って見てみると、五能線は運転見合わせに。出発は14:10分。
c0163004_21102992.jpg
秋田名物の稲庭うどんを食べた後、運転を祈って駅へと行くと、衝撃の事実が…

運転はするが、五能線に入る駅、つまり東能代まで。おまけに、この日は奥羽本線も弘前周辺で止まっていたので(結局奥羽本線は終日運休)、このまま行くと、最悪五能線どころか青森にたどりつけない危機に見舞われたのです。

結局東能代からはバス代行になりました。しかし、その時点でどうやら五能線は運転を再開していたようなのです。なんとも悔やまれる…
c0163004_21163438.jpg
リゾートしらかみ(翌日青森駅にて)
c0163004_22102229.jpg
途中から晴れてきただけにリゾートしらかみは本当に悔しくてしょうがないので、そのうちまた乗りに行きたいと思います。

代行バスに3時間半揺られ、川部駅に着きました。ここからは予定通りです。どこが県境かは分かりませんでしたが、とにもかくにも青森県です。この後は、青森駅近くの吉野家で夕飯をすませて、ホテルに向かいました。

次は奥入瀬です。
by senxiaoxiang | 2010-10-16 21:04 | 旅行
北海道・東北周遊旅行② 田沢湖
大分時間が経ってしまいました…

さて角館の次は田沢湖です。角館から田沢湖への移動も新幹線です。移動の時には新幹線の中でも珍しい試作車が来ました。ところで、この10分程度の移動になぜ新幹線を何度も使うのかと言うと、それは物珍しさではなく、ほとんど新幹線しか走っていないという事情によるものです。一例として田沢湖駅の時刻表を上げますが、これを見れば新幹線を使わない限りはほとんど移動のしようがないことがお分かりいただけると思います。

では田沢湖です。着いた時点で、すでに3時過ぎでしたので、周遊バスに乗ってみることになりました。このバスはなかなかの優れもので、田沢湖一周券を買うと途中下車が可能であると同時に所々で観光タイムを設けてあります。
c0163004_17312822.jpg

c0163004_17324311.jpg
有名なたつこ像です。ここでは観光タイムがありました。たつこ像伝説はこちら
c0163004_17365643.jpg

c0163004_17375593.jpg
御座石神社です。詳細はこちら

田沢湖の水は非常に青かったです。硫酸銅水溶液みたいと言うと言いすぎでしょうか。田沢湖は非常に深いため(423mで日本第1位、世界で17位)、水深によって差し込む日光の色が変わり、翡翠色から濃い藍色にまで至ると言われ、日本のバイカル湖という名前もあるそうです。ちなみにバイカル湖は世界一深い湖です。

ここで日没を迎えたので今夜の宿を取る秋田へと帰ります。
c0163004_1747736.jpg
帰りはまたこれです。何度も乗ることになるので飽きてしまいそうです。同じ車両に統一したほうがコスト削減にはなるのでしょうが…

次は青森県内へと進みます。嵐の五能線です。
by senxiaoxiang | 2010-10-11 17:48 | 未分類