<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
思いがけず…
先日、部活でスライディングの練習中に誤って…
骨折した。
野球をやって怪我するのは不思議ではないがタイミング悪すぎ!
1年生では練習と球拾い。2年生になってようやく試合出場のチャンスが来たのに…
直前で骨折。
合宿でせっかく調子上げてきたのに…
次の練習で骨折。

ちなみに本来なら痛くて歩けないほどらしいが学校から家まで1時間ほど歩いた。
歩けるといったので医者も最初は捻挫だと思っていたらしい。
しかもあまり痛くなかったので素直に言うと
「ありえない。君はもしかして無痛症か?」
そのせいで先生に腕をつねられた。もちろん痛い。どうも昔から僕は症状や痛みが表に出てこないらしい。頑丈も善し悪しだ。僕は情にはもろいが、丈でもあるらしい。

骨折の際の擬音
タタタタタ…ザスッ!グギッ! ちゃんとこの音は僕の耳に入ったが経験がないので捻挫だと思ってた。まさかこの音が活動の一時停止を告げる音になろうとは…しかも3ヶ月も…
長すぎ!ま、こんなこと言っても仕方ないのでじっくり治すとしよう。

ちなみに明日入院、あさって手術。退院後の体験談、お楽しみに~!
by senxiaoxiang | 2008-08-20 14:24 | 野球
北京快軌
この夏休みに北京で五輪が開催されているが、その北京に行ってみた。いろいろネタはたまったが、とりあえず今回は空港と市街地を結ぶエアポートシャトル(正式名称は北京地下鉄機場線、通称:北京快軌)について。

c0163004_20375782.jpg
北京快軌のチケット
システムとしてはICカードでスイカやパスモみたいな物。入場はタッチで出場は改札に入れる。(日本の切符と同じ)ちなみに左上にABCとあるのはAirport Beijing Cityから来たらしい。
c0163004_20405033.jpg
北京快軌の駅 
下の床が曲がって見えるかもしれないが天井が写っただけ。ホームドアはガラスで出来ている。出来立てとはきれいなものだ。
c0163004_20414989.jpg
北京快軌の車内 
座席は硬めだが座り心地は悪くはない。通路の両側にモニタが多く設置された。
c0163004_20433819.jpg
終点東直門。地下鉄2号線との連絡通路。地下鉄2号線とは環状線で山手線のようなもの。乗り入れはなし。
c0163004_2046972.jpg
地下鉄2号線の改札周辺。

機場線は、北京オリンピックにあわせて計画された路線の一つで、北京首都国際空港2号・3号ターミナル(T2・T3と通称)と10号線の三元橋を経由して2号線と13号線の東直門を20分以内で結ぶ路線である。2008年7月19日に開業した。全長28.1km、最高速度100km/時。運賃は25元

実際のところ東直門→三元橋→T3→T2→三元橋→東直門で環状運転をしている。T3→東直門間はT2を経由することもあり、30~40分くらいだったと思う。
ちなみに1,2人だったらいいが、3人以上ならタクシーのほうが採算が合うと思われる。(中国ではタクシーは日常的な交通手段である。とても安い。基本料金は10元、要するに150円くらいである)
by senxiaoxiang | 2008-08-10 20:39 | 中国・中国語