カテゴリ:旅行( 27 )
会津路への旅② 磐越西線
続いて、2日目は磐越西線へと乗ります。昨夜の道をもう一度たどるわけです。但し、今度はSLで。

c0163004_18505335.jpg
磐越西線の目玉といえば、「森と水とロマンの路線」とも言われるとおり、景色であったり、喜多方や会津若松などのグルメ・観光スポットであったりするのですが、一番の目玉はSLばんえつ物語と言えるといってもいいでしょう。
c0163004_18453767.jpg
JR東日本での恒常的なSLの運行はこの路線だけといっても過言ではありません。(高崎~水上界隈での運行はSLの代名詞とも言われる「デゴイチ」が走っていたのですが、車両故障発生以降、あまり頻繁ではないようです。)

車内には展望車やポストがあり、そのポストから郵便を送ると専用の消印を押してもらえます。ただし、ポストカードは車内売店で取り扱っていますが、切手に関しては扱っていないという情報がありますので、事前にご用意することをおすすめします。ただし、扱っていることもあるようです。(ポストカード配布日のみ?)

今回の旅はクリスマスの時期に合わせました。そのため列車名も「SL X’masトレイン2010」です。車内ではイルミネーションなども取り付けられました。
c0163004_18455477.jpg
c0163004_18454782.jpg
しかし、運が悪いことに今日も悪天候。景色は進むにつれて雪景色。また、SLの場合はトンネルに入ると煙が入ってきてしまうため、窓をあまり開けられず、それほど写真は撮れませんでした… どうぞ実際にご乗車になってください。
c0163004_18455169.jpg
特製の行き先表示です。黒い物はSLの煙から出る煤です。
c0163004_18454443.jpg
大雪の中、皆さんご苦労様です。

新潟から会津若松までは、約4時間。到着後は郡山まで抜けて、鈍行を乗り継いで帰ってきました。

2日間の総移動距離は1300キロ越え。我ながら、よくもこんなに動き回れた物だと思います。列車を乗りつぶすことが出来て、鉄道ファンとしての喜びに浸ると同時に、次は少し旅行らしい要素を加えたいなとも思った次第です。
by senxiaoxiang | 2011-01-22 19:03 | 旅行
会津路への旅① 只見線
この冬は会津へと行ってきました。
目的はズバリ、磐越西線と只見線に乗る。それだけです。
出発は今回もいつも通り、夜行でスタートです。ムーンライトえちごはこれで2回目でしょうか?しかし、今回はあまり快適とは言えませんでした… 車内温度調整を車掌さんがあまり気にしていなかったらしく、外は5℃にもかかわらず、車内は30℃を越していました。あまりの暖房の効きように、車内では酸欠寸前に… このような状態では一睡もできるはずがなく… またまた徹夜になってしまいました。

新潟到着後、明日乗ることになるSLばんえつ物語号を見学しに行きます。
c0163004_17555458.jpg
c0163004_17554927.jpg
職員の魂はいつの時代も生きているように思えます。それは昭和、平成を問わず…
そして、もう一つのレア物も見ることができました。それは…
c0163004_17582077.jpg
急行きたぐにです。この列車に使われているこの車両(583系)は、実は座席にも寝台にもなるというすごい仕掛けのあるものなのです。高度経済成長期の象徴とも言えるものです。定期列車ではもうここでしか走っていません。末端区間は快速になるので無料で乗ることができます。

初日はまず、只見線乗車へと向かいます。天気は生憎の予報です。とりあえず動いてくれ、そう祈りつつ来た道を引き返します。しかし、さっそくアクシデントが起こります。信越本線が架線トラブルで運転見合わせ。ここで振替輸送となりますが、首都圏のように私鉄に依頼というわけにもいきません。実は…
c0163004_21443618.jpg

新幹線へと振替になりました。ただし、僕たちの切符は割引切符で乗れないので、長岡までの400円は自費です。このトラブルのおかげで、むしろ旅は快適なものになりました。

それではいざ只見線です。大雨でしたが、とりあえず動くことになりました。
c0163004_1871817.jpg
この本数の少なさ。これが鉄道ファンを引き付ける魅力の一つなのかもしれません。
c0163004_18104621.jpg
こんなに本数が少ないうえに、新潟県小出~福島県会津若松まで、距離は130キロほどなのですが、ざっと4時間かかります。
c0163004_1835094.jpg
最大の魅力の景色は悪天候もあってあまり堪能できませんでした。窓越しで申し訳ございません。

あまりの悪天候に翌日も不安たっぷりです。明日乗ることになる磐越西線に乗って新潟へと戻りました。
by senxiaoxiang | 2011-01-20 18:14 | 旅行
北海道・東北周遊旅行⑧ 松島
それでは、その大惨事から。大宴会はなんとなんだかんだで2時を過ぎて、その後いろいろと用意をしていたら、2時になっていました。実は僕たちが今回仙台で泊まったホテルは10時チェックアウトでした。そして、朝… ドアノックの音で目が覚めたので対応すると、ホテルの人が来ているのです。目覚ましは6時30分にセットしていたので、僕の頭の中では6時30分にまだなっていない(つまり目覚ましが聞こえていない)ので、何でこんな朝早く起こしに来るんだろうと思って追い返してしまったのです(大変失礼いたしました。)。しかし、時計を見てみると… 時計は10時30分と表示されている!一瞬言葉を失い、訳が分からなくなっていました。つまり、全員が目覚ましで起きないどころか、チェックアウトの時間すら突破して、まさしく「爆睡」していたというわけです。このホテルでは朝食が出るのですが、食べそびれてしまいました。

そのような訳で、8時の電車に乗るという予定は3時間遅れになってしまいました。しかし、ここまで来たからには行くしかありません。そう、松島へ。
c0163004_0234741.jpg
c0163004_0312239.jpg

松島では船を使って観光するのがポピュラーです。僕たちも船に乗りました。
c0163004_0254023.jpg
船に乗る魅力の一つは、かもめのえさやりです。船内売店にもかっぱえびせんが大量に用意されています。相当な売り上げになってそうですね…
c0163004_0303023.jpg

c0163004_0292561.jpg

c0163004_0332839.jpg

途中で疲れて甲板から引っ込んでしまったのであまり写真が良くありません。申し訳ございません。ところで、皆さんに写真に現れる癖ってありますか?僕の写真はどうもやや左に傾くことが多いようです。

松島が終わった今、後は帰るだけとなりました。しかし、時間は逆に余ったのです。つまり、朝の出来事に慌てすぎて、時間を削ったのです。しかし、その結果1時間早く帰途につくことができました。こうして、7日間の旅が終わりました。このような長旅に出かけさせてくれた親に感謝すると共に、また次の休みにはどこか出かけたいと思う次第です。(本当に出かけました。その話はまた後日。)

長い、長すぎる記録にお付き合いいただきありがとうございました。
by senxiaoxiang | 2010-12-28 00:47 | 旅行
北海道・東北周遊旅行⑦ 中尊寺
楽しかった函館での1日が終わり、函館から南下します。
c0163004_12505321.jpg
実は駅名表は会社ごとによって違います。JR北海道ではこのような黄緑色のものです。JR東日本では濃い緑色、JR西日本では青色です。
本当はここから北斗星号にでも乗って優雅に南下したいのですが、ここは安く抑えるために、日本唯一の客車急行「はまなす」に乗ります。出発はなんと深夜3時半前。なぜならば、はまなすは札幌と青森を結ぶ列車なので、その中間にある函館はどうしても半端な時間になってしまうのです。
c0163004_1384097.jpg

実はこのはまなすにはいろいろと面白い車両が連結されています。たとえば、「ドリームカー」や「カーペットカー」などといった、すばらしい設備の車両に安く乗れるのです。ただ、車両には少しガタが来ています…

翌朝、青森に到着すると、急いで特急「つがる」に乗り換え。先程のはまなすからつがるに乗り継ぐと、はまなすの料金が半額になるので、喜んでサービスを受けました。その後、普通列車を乗り継いで、平泉へ。目指すは言わずと知れた、平泉中尊寺。

c0163004_1373950.jpg
実は中尊寺にたどりつくには、しばらく坂道を登らないといけないのですが、これが意外ときついので、訪れる方は心して上ることをおすすめします。でも、見晴らしは最高です。

c0163004_13111156.jpg
金色堂の建物です。中は残念ながら撮影禁止でした。なお、この建物そのものではなく、その中にある建物が金色堂です。
c0163004_131524.jpg
とても雰囲気のいい山道です。

その後は再度南下し仙台へと向かいました。
c0163004_13175432.jpg
向かったのは、クリネックススタジアム。つまり東北楽天ゴールデンイーグルス(長い!)の試合を見に行きました。西武戦です。残念柄、試合は初回から壊れてしまい、3階で10点差が付くという有様。翌日の日程も考えて、その時点でホテルへと向かいました。しかし、その夜みんなで大宴会を開いてしまい、翌日は大変なことに…

次は松島です。
by senxiaoxiang | 2010-12-22 13:23 | 旅行
北海道・東北周遊旅行⑥ 函館後篇
大分遅くなりました… なんかいっつもこんなこと言ってるような気が…

それでは函館の夜景です。と、その前に…
c0163004_19214064.jpg

c0163004_19215941.jpg
坂の町といえば長崎ですが、函館もなかなかの物

今度こそ夜景です。
c0163004_1922377.jpg
これは日没寸前の写真です。 もう人がいっぱい集まっていました。
c0163004_19243324.jpg
これが最も美しいといわれる日没20~30分後の写真です。
c0163004_19243831.jpg
この頃にはもうこんなにたくさんの人がいました。

あまりの混雑で帰りのバスに乗り損ねると大変なので、大慌てで山を下りました。函館山はロープウェイが有名ですが、バスのほうが安いです。ただ、本数はやや少ないです。

続いて向かったのは函館市営の谷内頭温泉。ただ、市営なので、銭湯といったほうが雰囲気は近いです。格安ですが、泉質はすばらしいです。ただし、46度の浴槽があるので、ご注意ください。

その後、市電の終電に乗って函館駅に戻りました。そして、夕飯にはラッキーピエロという店に。函館では知らない人はいない(と思われる)超人気店です。バーガーはどれも大きな具が入っています。

時間が無かったため、そそくさとした物になってしまいました。
次は、深夜の函館です。
by senxiaoxiang | 2010-12-21 19:33 | 旅行
北海道・東北周遊旅行⑤ 函館前篇
函館は二分割で…
c0163004_22584018.jpg
ひとまずは青森を抜けて青函トンネルを通って函館を目指します。この電光掲示板を見ると東北にいることを改めて実感させられました。駅前の吉野家で食事を済ませると、北海道・東日本パスの特例として「青森~函館間の特急自由席の乗車には特急券のみで良い。」というルールがあるので、ここからは特急のスーパー白鳥に乗車です。2時間もすれば北海道・函館です。僕自身にとっては数年ぶりの上陸です。

函館では、まず駅前の朝市に行くことにしました。朝7時に起きて行こうとしたまではいいのですが…

全員寝坊してしまいました… 起きたら9時過ぎでしたが、朝市へ向かい朝食をとります。ワンコイン海鮮丼のお店があったのでそこでホタテとサーモンの海鮮丼をいただきました。さすがに漁港がすぐそこにあるだけあってとても美味しかったです。時間が無くて写真が撮れなかったのが残念です。(実際は撮り忘れただけです…)

c0163004_22591042.jpg
まずは函館の名物?路面電車に乗って五稜郭を目指します。この車両は「箱館ハイカラ號」という、明治43年、つまりは1910年に運行を開始した車両です。ちなみに路面電車はよく後ろの車両が追いついてしまうことが起こります…

五稜郭は今、公園として市民に開放されています。
c0163004_22593179.jpg
この石碑の人物像の頭部が輝いているのは、頭をなでると、頭が良くなるという言い伝えによって磨かれたのだとか…
c0163004_22595389.jpg
今年の夏に復元されたばかりの函館奉行所です。
c0163004_2305389.jpg
の五稜郭タワーです。
c0163004_232593.jpg
この有名な構図の写真はタワーに入らないと、撮ることが出来ません。
c0163004_2323296.jpg
この写真を見ていただくと、函館山の特徴的な地形(陸繋島)が見て取れると思います。

次は函館の夜景です。
by senxiaoxiang | 2010-11-09 23:53 | 旅行
北海道・東北周遊旅行④ 奥入瀬
4日目は奥入瀬観光です。
c0163004_21582667.jpg

この日はJRバスに乗っていきました。目指すは奥入瀬渓谷、目標は石ヶ戸~子ノ口9キロ走破です。
c0163004_22161726.jpg
c0163004_22165100.jpg
c0163004_22155786.jpg
c0163004_22194746.jpg

c0163004_22163659.jpg
雲井の滝
c0163004_22164970.jpg
銚子大滝
走破することに関してはあきらめました。途中にしばらく間滝が無い区間があり、時間的にも思ったより大分かかったので、バスで十和田湖に直行しました。
c0163004_19212121.jpg
秋田名物きりたんぽを青森県内でいただきました。美味しかったのですが、焼きたては熱くて… 時間が無かったのでやけどしそうになりました。さすがに十和田湖は、田沢湖ほど青くは無かった…

次は函館です。
by senxiaoxiang | 2010-10-27 22:17 | 旅行
北海道・東北周遊旅行③ 五能線?
旅は3日目。まずは、せっかく秋田まで来たので、寝台特急を撮影しに行きます。
c0163004_20503928.jpg
あけぼの号は上野行きですが、到着時間が早すぎて、普段は始発でもほとんど取れないので、貴重な機会でした。ところで、駅に戻って帰りの電車を待っていると、一瞬電気が消えました。落雷があったようです。雨が降り始めてから20分足らずでこの嵐に。すごい大雨が降っていることがお分かりいただけるかと思いますが、これが後で大事件を引き起こすことに。
c0163004_2132519.jpg
これほど長いディーゼルははじめて見ました。

この日の目的はずばり一つ。日本屈指の絶景路線のひとつとされる五能線の名物列車「リゾートしらかみ」に乗ることです。しかし、ホテルに帰って見てみると、五能線は運転見合わせに。出発は14:10分。
c0163004_21102992.jpg
秋田名物の稲庭うどんを食べた後、運転を祈って駅へと行くと、衝撃の事実が…

運転はするが、五能線に入る駅、つまり東能代まで。おまけに、この日は奥羽本線も弘前周辺で止まっていたので(結局奥羽本線は終日運休)、このまま行くと、最悪五能線どころか青森にたどりつけない危機に見舞われたのです。

結局東能代からはバス代行になりました。しかし、その時点でどうやら五能線は運転を再開していたようなのです。なんとも悔やまれる…
c0163004_21163438.jpg
リゾートしらかみ(翌日青森駅にて)
c0163004_22102229.jpg
途中から晴れてきただけにリゾートしらかみは本当に悔しくてしょうがないので、そのうちまた乗りに行きたいと思います。

代行バスに3時間半揺られ、川部駅に着きました。ここからは予定通りです。どこが県境かは分かりませんでしたが、とにもかくにも青森県です。この後は、青森駅近くの吉野家で夕飯をすませて、ホテルに向かいました。

次は奥入瀬です。
by senxiaoxiang | 2010-10-16 21:04 | 旅行
北海道・東北周遊旅行② 田沢湖
大分時間が経ってしまいました…

さて角館の次は田沢湖です。角館から田沢湖への移動も新幹線です。移動の時には新幹線の中でも珍しい試作車が来ました。ところで、この10分程度の移動になぜ新幹線を何度も使うのかと言うと、それは物珍しさではなく、ほとんど新幹線しか走っていないという事情によるものです。一例として田沢湖駅の時刻表を上げますが、これを見れば新幹線を使わない限りはほとんど移動のしようがないことがお分かりいただけると思います。

では田沢湖です。着いた時点で、すでに3時過ぎでしたので、周遊バスに乗ってみることになりました。このバスはなかなかの優れもので、田沢湖一周券を買うと途中下車が可能であると同時に所々で観光タイムを設けてあります。
c0163004_17312822.jpg

c0163004_17324311.jpg
有名なたつこ像です。ここでは観光タイムがありました。たつこ像伝説はこちら
c0163004_17365643.jpg

c0163004_17375593.jpg
御座石神社です。詳細はこちら

田沢湖の水は非常に青かったです。硫酸銅水溶液みたいと言うと言いすぎでしょうか。田沢湖は非常に深いため(423mで日本第1位、世界で17位)、水深によって差し込む日光の色が変わり、翡翠色から濃い藍色にまで至ると言われ、日本のバイカル湖という名前もあるそうです。ちなみにバイカル湖は世界一深い湖です。

ここで日没を迎えたので今夜の宿を取る秋田へと帰ります。
c0163004_1747736.jpg
帰りはまたこれです。何度も乗ることになるので飽きてしまいそうです。同じ車両に統一したほうがコスト削減にはなるのでしょうが…

次は青森県内へと進みます。嵐の五能線です。
by senxiaoxiang | 2010-10-11 17:48 | 旅行
北海道・東北周遊旅行① 出発
前回のイカール星人に触発されたわけではなく、前々から決まっていたことですが、夏休みの最後の6日間を利用して、友達と一緒に北海道と東北をぐるっと巡ってきました。

まず、出かける前の下準備として、今回の旅の基本的な移動手段となる鉄道のチケットを買います。今回は北海道・東日本パスを使いました。詳細は下あるいはリンクでどうぞ。

それでは、出発です。8月29日の夜、新宿駅より夜行で出発です。
c0163004_2137421.jpg
今回はムーンライトえちごを利用します。新宿から新潟を結ぶ列車で、この区間は昼間でも本数が少ないので、非常に重宝します。23時10分、出発と共に旅の幕開けです。ちなみに、この列車を使って北へと行く場合、山形県の酒田までは、食事を買う時間がありませんので朝食はあらかじめ新宿等で調達することをおすすめいたします。飲み物は車内では購入できませんが、高崎や長岡で15分弱の停車時間があります。今回は朝食を買い忘れたので、高崎で走って買いに行きましたが、工事中だったこともあって大変でした。マクドナルドならば簡単に買えます。

初日は新潟から秋田まで北上し、その後角館・田沢湖を目指します。新潟県の村上、山形県の酒田で乗り継いでまずは秋田へ。
c0163004_21454086.jpg
このようなディーゼルカーもまだまだ現役です。
c0163004_21494994.jpg
そして、秋田からは奥羽本線を使って大曲へ、そしてそこからは秋田新幹線です。乗車は10分ほどでしたが、ここまで旧型車両か、普通の通勤車両しか乗ってない一行にとっては、快適この上なく、危うく寝てしまうところでした。

角館に到着後、武家屋敷を訪れました。
c0163004_21561645.jpg

c0163004_2158794.jpg
c0163004_2159166.jpg
あまりいい写真が残ってなかったのですが、武家屋敷は見学自由のようですので、皆さんもぜひ行ってみて下さい。
c0163004_2204640.jpg
解体新書も角館と関わりがあったようです。

次は田沢湖へ向かいます。

北海道・東日本パス
by senxiaoxiang | 2010-09-18 21:00 | 旅行